会社に在籍確認が掛かってこないキャッシングはコチラ

キャッシングでお金を借りたいけど、消費者金融から会社に在籍確認があるのは困りますよね。そんな人にはモビットのWEB完結がオススメです。

銀行カードローンの金利

一般に、金利とは銀行に支払う一定期間の使用料と考えれば正しいでしょう。

アパートの1室を大家さんから借りるように、銀行のお金を一定期間借りたと考えます。

銀行カードローンを申し込む際に、利用する銀行を選択するカギとして、真っ先に気になるのが金利と言えるでしょう。

例え、0.1%の金利差であっても、借入れ金額であったり借入期間によっては、返済総額に大きな差が生まれて来るからです。

特に、銀行カードローンはリボ払い方式を取り入れていることから、設定金利は分割払いよりは割り高です。


更に、リボ払いの場合には、返済期間も長期間となることから、金利は注目すべきポイントといえます。

従って、多額の借入れを申し入れるのであれば、やはり低金利の銀行を選択しなければならないでしょう。

しかし注意すべきことは、最終的な設定金利は利用者が決めるのではなく、銀行側が審査結果に基づいて決定することにあります。

一般に、各銀行が表示する金利には、一定幅が設定されていることに着目が必要です。

どうしても最低金利の数値に目が行きがちですが、実際に設定される金利は、この一定幅の中から銀行が決定することになります。

申込み者の年収など社会的信用と、他金融機関からの借入残高や過去の返済履歴など、審査結果によって金利が設定されます。

従って、返済が滞るようなリスクが高い人など、社会的信用度の低い人とそうでない人を、例え同じ融資金額であっても、同じ金利で貸し付けることにはなりません。

また、銀行ローンでも住宅ローンとなると金利も審査も全然異なりますので、住宅ローン借入れ・借り換えの場合はコチラ(住宅ローンは変動金利と固定金利のどっちがイイ?)でご確認下さい。